カイロプラクティックの総合情報を知りたいならココ! カイロジャパンどっどコム

系統種類 カイロ豆知識 カイロプラクター 職業知識
カイロ辞書 最新情報 質問掲示板

カイロプラクティック 豆 知 識
 カイロプラクティックの治療について
Q1.いつどこで始まったのですか?
Q2.どのような治療法ですか?
Q3.どの様な症状に効果がありますか?
Q4.どのような資格を持った人が治療しますか?
Q5.治療料金はいくら位ですか?
Q6.何回くらい通えば良くなりますか?
Q7.他の医療機関では問題なしと言われたのですが。
Q8.サブラクセーションとは何ですか?

 カイロプラクティックを学ぶ
Q9.カイロプラクティックはどこで学べますか?
Q10.教育内容はどのようなものですか?
Q11.柔道整復や整体、鍼灸、マッサージ、指圧との違いを教えてください。
Q12.有資格者でも国際基準の教育を受ける必要がありますか。
Q13.日本で法制化はありえますか?
Q14.国際的に認知されている職業ですか?

 カイロプラクティックのトリビア
Q15.カイロプラクティックは各々の言語ではどのように表されるのですか?
Q16.カイロプラクティックの治療を受けている有名人は?
Q17.カイロプラクティックに政治的な派閥があるのですか?


Q1 いつどこで始まったのですか?
1985年9月18日にアメリカのアイオワ州の片田舎、ダベンポートというところでカナダ生まれのアメリカ人、DD(ダニエル・デビッド)・パーマー氏[写真左下]によって発見されました。ある日、彼の召使いが難聴であるというので背中を触ってみると突起があり、そこをてこの原理で押してみたらポキッという音とともに突起がなくなり、召使いの難聴が改善されたという逸話があります。
             
△TOP画面


Q2 どのような治療法ですか?
カイロプラクティックは神経系に関わる様々な症状に対して、手技を用いて脊椎の歪みを整えることで神経機能を正常化させ、体の異常を治す治療法です。薬物や外科を用いない人間本来の持つ自然治癒力を引き出すヘルスケアとして注目されています。いられています。海外の法制化された国々では、代替医療または脊椎医療の専門家として認められていますが、日本では法律がないため、「法に基づかない医業類似行為」と位置づけられています。法制化された国々では診断権、X線(レントゲン)撮影権も認められています。
治療手順⇒カイロプラクティック治療方法
△TOP画面


Q3 どの様な症状に効果がありますか?
カイロプラクティック治療は、特に急性腰痛に効果的です。(米国RAND report他)しかし、自然治癒力を最大限に引き出すのが、本来のカイロプラクティックの目的であり症状改善以上に最大の健康を得られるでしょう。
 適応症⇒カイロプラクティックの治療                
△TOP画面


Q4 どのような資格を持った人が治療しますか?
日本にはカイロプラクティックの法律がなく、よって資格がないため事実上野放し状態です。よって大学教育を受けた人から1〜2年間夜間で学ぶ人、セミナーだけを受けた人まで色々います。一般的に、WHOが定めた最低限のカイロプラクティック教育つまりカイロ大学卒業生もしくは承認されたCSCプログラム修了者の治療を受けることを薦めます。日本全国で約600名の正規なカイロプラクターがいます。⇒全国カイロプラクター
また国際基準大学卒業生はドクター・オブ・カイロプラクティック(DC)と呼ばれますが、このドクターは日本語で言えば「先生」の呼称であり、カイロプラクティック医師やカイロプラクティック博士は誤訳です。
△TOP画面


Q5 治療料金はいくら位ですか?
平均して一回の治療につき3,000円から10,000円位です。初回・初診においては検査料が別にかかるところがほとんどのようです。検査料も一回2,000円から5,000円位のようです。また中には部位別に治療費がかかったり、理学療法器機は別料金だったりするところもあるようです。健康保険は適応されませんが、交通事故の場合、保険会社の中には治療費としてカイロ治療の補助金が出るところもあるようです。一回の治療時間は平均でおおよそ10分から45分位だそうです。
△TOP画面


Q6 何回くらい通えばよくなりますか?
中には1回でよくなる場合もありますが、症状によって異なります。だいたい5回から10回を目安にして、それでも満足いく治療効果や説明が施術者から直接受けられない場合は他を当たってみるかもう一度他の医療機関で検査を受けることをお薦めします。
△TOP画面


Q7 他の医療機関では問題なしと言われましたが。
もし他の医療機関で問題なしとされた場合でもカイロプラクティックを訪れて意見を聞いてみるのもいいかもしれません。カイロプラクティックでは亜健康(完全に病気でもないが健康でもない状態)な症状を見つけ治療することを得意としています。例えば、同じX線(レントゲン)画像を見ても、カイロプラクターと医師では見方が異なります。医師が病理を探すのに対し、カイロプラクターは構造的な異常から来る問題を探すからです。
△TOP画面


Q8 サブラクセーションとは何ですか?
サブラクセーション[subluxation]とは日本語で「亜脱臼」と訳されますが、医学的な解釈とカイロプラクティックでの解釈は異なります。医学的な解釈では、「完全に脱臼していないが、関節の一部が元の位置からはずれている状態」を指します。カイロプラクティックでは「関節面の接触は保たれているが、力学的、解剖学的、生理学的関係機能が変化している状態。またそれは各器管機能や健康全般に影響を与える可能性がある。」と考えます。昔は椎骨(背骨の一つ)のずれにより神経が圧迫され病気が起こると信じられていましたが、その説明は正確ではありません。またテクニックの種類によってもサブラクセーションの定義が異なります。
サブラクセーションがある椎骨(右)

正常な椎骨(左)
△TOP画面


Q9 カイロプラクティックはどこで学べますか?
世界に30ほどある国際基準の教育校でのみ学べます。日本には多くのカイロプラクティック教育機関と称した学校がありますが、国際基準(日本の国際基準校および世界の国際基準校)を満たしている正規な学校は2校のみです。他は全て国際基準以下の自称カイロプラクターを育成している学校となります。短期の教育では決して正規なカイロプラクティック治療は学べません。CSCプログラムはJAC未承認のものである場合は、受講してもWHOやWFCからカイロプラクターとして認知されないだけでなく公式のセミナーを受講できない可能性がありますのでご注意下さい。
△TOP画面


Q10 教育内容はどのようなものですか?
国際基準の教育はCCE基準に則った4年制4200時間以上の教育です。国により入学前に数年間の基礎科目の単位取得や卒後1年間の師弟制度が義務付けられているところもあります。学ぶ教科は特に基礎科学(化学、物理、生物、数学など)や解剖学、生理学、診断学、神経学、カイロプラクティック・テクニックなどを学び、基礎医学の時間数は医学部の学生よりも多く学んでいます。また国際基準の学生においては世界カイロプラクティック学生会議(WCCS)という集まりでお互いの学校交流を深めています。カイロプラクティック大学卒業学位はDC(ドクター・オブ・カイロプラクティック)、MC(カイロプラクティック修士)、BC(カイロプラクティック学士)など国により様々な種類があります。
   
△TOP画面


Q11 柔道整復や整体、鍼灸、マッサージ、指圧との違いを教えてください。
柔道整復は柔術の活法を基本として広まり、骨折、脱臼、捻挫、挫傷、打撲などに対し整復、固定などをし、治療する術です。また行うものは柔道整復師、ほねつぎ、接骨師、整骨師などと呼ばれます。⇒参考:(社)日本柔道整復師会

日本独自に東洋医学、カイロプラクティック、オステオパシーなど骨格に働きかける手技療法の理論と技術を元に確立されたもの。定義は曖昧。⇒参考:(社)整体協会

鍼灸は、東洋医学や漢方医学の一分野として中国から伝わり日本でアレンジされた医療です。鍼灸は金属の細い針を経穴(ツボ)に刺入し、或いは艾(もぐさ)を燃焼させて経穴(ツボ)に刺激を加え病気を治す施術です。⇒参考:(社)日本鍼灸師会

指圧とは経絡などのツボを主に指で押す治療法。⇒参考:日本指圧師会

マッサージ(按摩)とは手や指を使い、さする、押す、揉むなどの機械的な刺激を与え、機能を回復させる療法。 ⇒参考: 全国鍼灸マッサージ協会
△TOP画面


Q12 有資格者でも国際基準の教育を受ける必要はありますか。
もちろんあります。他の医療の有資格者(医師、歯科医師、柔道整復師、理学療法士、鍼灸師等)でもWHOの制定する国際基準の教育を満たす必要があります。(医師の場合、1800時間以上の教育)但し、有資格者は単位が認められますので、通常より多少短縮されると思いますので、詳細は各学校にお問い合わせ下さい。
△TOP画面


Q13 日本で法制化はありえますか?
日本でのカイロプラクティックの法制化は非常に難しく、過去の歴史を振り返ると成功しませんでした。なおかつ、昭和35年の最高裁の判決、「有害の恐れの無いものなら処罰の対象にならない」とする事実と「職業選択の自由」により誰でもがカイロプラクティック治療を行うことをいとわない慣習が出来あがり、低レベルな教育校や団体が乱立することで業界はなかなか統一しません。しかし、徐々に国内で国際公認のカイロプラクターの数も増え始め、1999年にWFCがWHOに加盟し、2005年にはWHO発行のガイドラインが作成されました。教育面では2006年には3校の国際基準校が設立される予定です。WHOに加盟している日本政府もこうした活動は認知しているはずであり、長期展望として法制化の可能性はありえるでしょう。当時の厚生省大臣、小泉純一郎氏、現首相[写真右下]もカイロプラクティックのよき理解者で1997年に行われたWFC東京大会では応援の挨拶に駆けつけました。⇒参考:内閣法制局厚生労働省
△TOP画面


Q14 国際的に認知されている職業ですか?
カイロプラクティックは100年以上前にアメリカで誕生し、その後、アメリカのカイロプラクティック学校の卒業生が世界へ渡り、今や世界中80カ国に広まっています。そのうち35カ国で法制化されています。1988年に世界各国のカイロプラクティック協会が終結して設立したWFC(世界カイロプラクティック連合)には80カ国以上の各国代表が加盟しています。日本からはJAC(日本カイロプラクターズ協会)が加盟しています。1997年にはWHO(世界保健機関)のNGO(非政府組織)にも認められ、今やカイロプラクティックはアメリカだけでなく世界中に「背骨のヘルスケアの専門家」として知られています。WFCの主な活動としてはWHOと協力し、国際基準のカイロプラクティックを世界中に普及することです。本部はカナダのトロントにあり、ニュージーランド出身の弁護士、デビッド・チャップマンスミス氏[写真右下]が事務局長を務めています。
             

カイロプラクティックが普及している80数カ国(点がある地域)
△TOP画面


Q15 カイロプラクティックは他の言語ではどのように表されるのですか?
カイロプラクティックは1895年にアメリカで生まれ、ギリシャ語で手を表す「chiro」と技術を表す「praktikos」の合成語からCHIROPRACTICという英語が始まりました。です。日本では1916年にアメリカから伝わってしばらくは「カイロプラクチック」と表記されていましたが、戦後1960年代中ごろから「カイロプラクティック」という表記に徐々に代わってきたようです。今やカイロプラクティックは世界の多くの国に団体、学校が広がり、各国の言葉でも表記されています。英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、ポルトガル語、中国語、デンマーク語ではそれぞれ次のように表記します。

カイロプラクティック

Chiropractic

Chiropratique

Quiropráctica

Chiropraktik

Quiropraxia

脊科醫學

Kiropraktik
△TOP画面


Q16 カイロプラクティックの治療を受けている有名人は?
日本人では女子柔道でシドニー、アテネと二度金メダリストに輝いた谷亮子選手やメジャーリーグのニューヨークヤンキースの松井秀樹選手等が治療を受けています。ゴルフでは丸山茂樹プロもアメリカで治療を受けていました。あの小泉純一郎元首相もカイロプラクティックの大ファンだったそうです。海外ではプロゴルファーのタイガー・ウッズ選手やハリウッドスターでカリフォルニア州知事でもあるアーノルド・シュワルツネッガーさんも治療を受けるのが大好きな有名人の一人だそうです。
△TOP画面


Q17 カイロプラクティックに政治的な派閥があるのですか?
1895年のカイロプラクティック誕生から様々なカイロプラクティックの団体が世界中で組織されてきました。アメリカでは創始者DDパーマーの息子であるBJの考えに異論を唱える人々が増え、その人々とBJの流れを汲む人々の対立は、現在ではナショナル系(ミキサー)対パーマー系(ストレート)として存在します。団体ではミクサーのACA(米国カイロプラクティック協会)、ストレートのICA(国際カイロプラクターズ協会)、さらに細かい系統にも分かれています。世界団体ではWHO加盟で約80カ国の団体からなる教育と業界の国際基準を普及するWFC(世界カイロプラクティック連合) と個人入会により極端なストレートカイロプラクティックを推し進めるWCA(世界カイロプラクティック同盟)があります。日本でも残念ながらアメリカの影響により、国際基準を推し進めるJAC(日本カイロプラクターズ協会)とそれに反対する無数の団体があります。歴史的にカイロメディアでは、カイロタイムズWHOの打ち出した国際基準の教育と業界を支持し、カイロジャーナルは国際基準を無視した国内基準を支持しています。

△TOP画面

 [写真参考]
WFC(世界カイロプラクティック連合)
CFJ(カイロプラクティック連絡協議会)
SCCA(カナダカイロプラクティック学生協会)
WCCS(世界カイロプラクティック学生会議)
RMIT大学日本校WCCS
Palmer College of Chiropractic
厚生労働省


©2008 ChiroJapan.Com