カイロプラクティックの総合情報を知りたいならココ! カイロジャパンどっとコム

系統種類 カイロ豆知識 カイロプラクター 職業知識
カイロ辞書 最新情報 質問掲示板

カ イ ロ プ ラ ク テ ィ ッ ク 辞 書
クリックするとその文字に飛びます。

アクティベータ・テクニック 
(あくてぃべーた・てくにっく)[Activator Technique]
Dr アラン・ファーが開発したカイロプラクティックのテクニックの一つ。テクニックの種類参照。 「別:アクチベータ」


アクレディテーション
 (あくれでぃてーしょん)[Accreditation] 
CCE(カイロプラクティック教育評議会)認可のこと。「例:アクレディテーションを取得する。」

アジャストメント
 (あじゃすとめんと)[Adjustment]
コントロールされた力、てこの作用、方向、振幅、速度によって特定の部位もしくは解剖学的領域に働きかけるカイロプラクティックの瞬間的関節操作。この方法により関節、および神経生理学的機能に影響を与える。もしくはアジャスト。 「例:カイロプラクティック・アジャストメント」

アライメント (あらいめんと)[Alignment]
直線上にきれいに配列すること。線列。「例:脊椎アライメント」

アロパシー (あろぱしー)[Allopathy]
逆症療法。病気がもたらす症状と逆もしくは異なる効果をもって対処する治療法。例えば、高熱に対し、下熱剤。「対:ホメオパシー」


医師
 (いし)[Doctor]
医術を仕事にする人。医師法の適用を受けて、病気の診察・治療に当たる人。医者。古くは「くすし」「くすりし」といった。

医業 (いぎょう)[Medical Practice]
医療にたずさわる職業。また、医者の業務。

医業類似行為 (いぎょうるいじこうい)[Quasi-Medical Practice]
法令上では医療行為に含まれないが、疾病の治療または保健を目的とする行為。マッサージ・指圧療法・鍼灸・柔道整復術など。

イネイト・インテリジェンス (いねいと・いんてりじぇんす)[Innate Intelligence]
先天的知能もしくは生まれつきという意味。カイロプラクティック哲学で、生まれながらに機能を正常に保とうとする能力もしくは自然治癒力の呼称。

医療 (いりょう)[Medical care]
病気を治すこと。主に西洋医学を基礎とした現代医療を指す。

医療行為 (いりょうこうい)[Medical Act]
医師免許をもった医師のみが行うことのできる診断・治療など。


AO
(えー・おー)
アトラス・オーソゴナル[Atlas Orthogonal]の略。 AOはDr ロイ・スウェットが開発したカイロプラクティックのテクニックの一つ。テクニックの種類参照。「注:環椎直交とは訳さない。」

AK (えい・けい)
アプライド・キネシオロジー[Applied Kinesiology]の略。 AKはDr ジョージ・グッドハートが開発したカイロプラクティックのテクニックの一つ。テクニックの種類参照。「注:応用運動学とは訳さない。」

HIO (えいち・あい・おー)
ホールインワン[Hole in One]の略称。 Dr BJパーマーが開発したカイロプラクティックのテクニックの一つ。テクニックの種類参照。 「類:上部頚椎テクニック」


エクササイズ (えくささいず)[Excercise]
運動や体操。練習。

SMT(えす・えむ・てぃー)
脊椎手技療法もしくはスパイナル・マニピュレティブ・セラピー[Spinal Manipulative therapy]の略語。

SOT (えす・おー・てぃー)
仙骨頭蓋療法[Sacro Occipital Technique]の略。 SOTはDr ベルトランド・ディジャネイが開発したカイロプラクティックのテクニックの一つ。テクニックの種類参照。


オステオパシー
 (おすておぱしー)[Osteopathy]
アンドリュー・スティル[Andrew Still]医師が1876年に創始した手技療法。病気は体内の循環器系の問題から来ると考える理論と治療法。「人:オステオパスOsteopathもしくはDO」

オルタネティブ・メディスン (おるたねてぃぶ・めでぃすん)[Alternative Medicine]
代替医療の意味。


カイロプラクター
 (かいろぷらくたー)[Chiropractor]
一般に、カイロプラクティックを行う者がカイロプラクターであるが、正確な意味は下記のように分類される。
1)国際基準のカイロ大学卒業生およびその国の政府もしくは代表団体が承認した者。
2)日本国内において規制する法律が無いため、CCE認可のカイロ大学卒業生もしくはJAC承認のCSCプログラム修了者のみを表す。それ以外の者は使用できない。
*注:「カイロドクター」、「カイロプラクティック師」、「カイロプラクティック治療士」、「整体師」といった用語は日本独自のものであり国際的には使用されない。

カイロプラクティック (かいろぷらくてぃっく)[Chiropractic]
1985年アメリカでDDパーマーによって創始された神経機能障害に対する治療法。脊椎の歪みを整え、神経機能を正常化させ、組織や器官の異常を治す。また薬物、外科を使わず自然治癒力を重視した脊椎専門のヘルスケア。
定義はホーム参照。「人:カイロプラクターもしくはDC」

カイロプラクティック教育審議会 (かいろぷらくてぃっく・きょういくしんぎかい)
[Council on chiropractic education]の日本語訳。略してCCE。カイロプラクティックの教育プログラムを審査し、一定の基準を満たしたものに、アクレディテーションもしくは認可をあたえる評議会団体。世界四つの地域に存在。世界各地域のCCE参照。「類:カイロプラクティック教育評議会」

カイロプラクティック学士 (かいろぷらくてぃっく・がくし)
[Bachelor of Chiropractic] 略称B.Chiro. 北米以外の英国連邦やヨーロッパのカイロプラクティック大学で授与される学位。

カイロプラクティック修士 (かいろぷらくてぃっく・しゅうし)
[Master of Chiropractic] 略称M.Chiro. 北米以外の英国連邦やヨーロッパのカイロプラクティック大学で授与される学位。

可動触診 (かどうしょくしん)
モーション・パルペーション[motion palpation]の日本語訳。動的触診。

ガンステッド・テクニック (がんすてっど・てくにっく)
[Gonstead Technique] Dr クラーレンス・ガンステッドが開発したカイロプラクティックのテクニックの一つ。テクニックの種類参照。

関節マニピュレーション (かんせつ・まにぴゅれーしょん)[Joint Manipulation]
調整されたスラストを加えることによって、解剖学的限界を超えることなく生理的可動域を超えて関節を動かす手技。

関節モビリゼーション (かんせつ・もびりぜーしょん)[Joint Mobilization]
スラストを加えずに、関節を正常な生理的可動域の範囲内で動かす手技。

カンパンセーション (かんぱんせーしょん)[Compensation]
ある椎骨の歪みが起こると、補正的(自然防御作用)に他の椎骨が二次的に歪むことでバランスを保つ。


現代医療 (げんだい・いりょう)[Western Medicine]
医療を参照。


サブラクセーション (さぶらくせーしょん)[Subluxation]
関節面間の接触は保たれているが、アライメント(配列)、動きの統一性および生理学的機能が変化している、関節あるいは運動分節の障害もしくは機能不全。これは本質として機能的なものであり、生体力学的および神経学的な統合に影響しうる。医学的な’亜脱臼’とは異なる。「注:サブラクセイション、サブラクゼーションとは表記しない。」

サブラクセーション複合体 (さぶらくせーしょん・ふくごうたい)[Subluxation Complex]
神経、筋、靭帯、血管および結合組織における病理学的変化の相互作用を含む運動分節の機能異常についての理論的モデルおよび表現。


姿勢 (しせい)[Posture]
1)身体の構え
2)身体の各部位の相対的な配置。良い姿勢とは、筋肉と骨格のバランスがとれた状態であり、怪我や身体の構造を動かしたり、休めたりするなかで、体の状態(立位、臥位、しゃがむ、前かがみ)に関係なく、進行する変性に対する身体支持構造を保護する。

触診 (しょくしん)[Palpation]
1)手で触れる診察法
2)患者の身体の表面に手で様々な圧をかけ下部組織の形状、大きさ、硬さ、位置、固有の可動性、健康状態などを診察する。
「例:可動触診 (動的触診)、静的触診」

神経筋骨格系 (しんけいきんこっかくけい)[Neuromusculoskeletal System]
生体力学的もしくは機能的な障害を含む筋骨格系、神経系の両方に起こる障害に関連する筋骨格系と神経系に付随している。「類:筋骨格系 musculoskeletal System」


スラスト
 (すらすと)[Thrust]
患者の体の適切な部位に調節された一定方向の力を手で素早く加えることであり、アジャストメントとしての効果がある。Impulse Thrustのことであり物理の推力とは異なる。「類:アジャストメント」


生体力学
 (せいたいりきがく)[Biomechanics]
人体の動きにおける構造面、機能面、力学面の学問。主に人間の動きに関して静的もしくは動的な外力に着目する。

脊椎 (せきつい)[Spine]
背骨を構成する骨で、7個の頚椎、12個の胸椎、5個の腰椎、仙骨、尾骨からなる。一つ一つの骨は椎骨(ついこつ)[vertebra]と呼ばれる。「類:脊柱、背骨」

脊椎手技療法 (せきついしゅぎりょうほう)[Spinal manipulative therapy]
手や器具を用いて緩和、アジャスト、手技、牽引作用、マッサージ、刺激もしくは患者の健康を向上させる目的で脊椎や傍脊柱組織に影響を与える全ての方法を含む。


相補医療 (そうほ・いりょう)[Complementary Medicine]
代替医療と同義語。現代医療以外の医療。補完医療(ほかんいりょう)とも呼ばれる。


代替医療 (だいたい・いりょう)[Alternative Medicine]
現代医療以外の医療。米国のNCCAM(国立補完代替医療センター)は、補完代替医療を下記のような5つに分類している。

1)伝統的療法

ホメオパシー医学、ナチュロパシー医学、伝統中国医学、アユルベーダ
2)心身療法

瞑想、祈祷、精神の癒し、ダンス、音楽、芸術療法
3)生物学的反応療法

ダイエタリー・サプリメント、生薬製品、科学的に解明されていない天然物を用いた療法(サメ軟骨など)
4)手技物理的反応療法

カイロプラクティック、オステオパシーの手技、マッサージ療法
5)エネルギー療法

気功、霊気、電磁場の応用


統合医療 (とうごういりょう)[Integrative Medicine]
現代医療と補完(相補)代替医療の両方の良い部分をすべて駆使した医療。

ドクター・オブ・カイロプラクティック (DC) (どくたー・おぶ・かいろぷらくてぃっく)[Doctor of Chiropractic]
CCE基準のカイロプラクティック大学卒業者を指す称号もしくは一般にカイロプラクターを指す呼称。主に北米のカイロプラクティック大学で授与される学位。略してDC(ディー・シー)。「注:カイロプラクティック医師、整体医師、カイロプラクティック博士、整体博士、カイロドクターとは訳さない。」


フィクセーション
 (ふぃくせーしょん)[Fixation]
関節の全体もしくは一部が、ある位置で固定化され生理学的な動きが制限される状態。

プライマリーヘルスケア (ぷらいまりー・へるす・けあ)[Primary Health Care]
患者各人が抱える問題の大部分に対応し、患者と継続的な共同関係を築き、家族や地域という枠組みの中で責任をもって診療する臨床医によって提供される、統合された、容易に享受できる医療サービス。第一次医療。「類:プライマリヘルスケア、プライマリケア」


ヘルスケア (へるす・けあ)[Health Care]
現代医療、代替医療を含めた患者の健康に関わる医療全てを指す。


マニピュレーション
 (まにぴゅれーしょん)[Manipulation]
敏速な速度の速い手を用いた治療法で、関節は受動可動域の限界近くまで達する。速度が速いので患者が自分で加減することができない。技術的に未熟な場合の自己の可能性もありうる。
「類:手技療法、徒手療法、徒手整復」

[参考]
・カイロプラクティック用語集・竹谷内宏明(著)、科学新聞社
・カイロプラクティック事典・池田冨士太(著)、科学新聞社
・カイロプラクティックサブラクセーション・GIガッターマン(著)竹谷内宏明(訳)、エンタプライズ
カイロプラクティックの基礎教育と安全性に関するWHOガイドライン
Yahoo!Japan辞書
三省堂Web Dictionary
goo辞書


©2005 ChiroJapan.Com All Rights Reserved